ハゼノキにかぶれた場合の症状について

スポンサーリンク

ウルシ科に属するハゼノキは、独特のかぶれを引き起こすことで知られています。
ハゼノキの場合にもウルシとほぼ同様の症状が現れることが多く、赤みや発疹などに数日間悩まされるのが常です。
水泡が出来ることも多く、症状が出ている間は出来るだけ患部に触れないことが必要となります。
医療機関で治療薬を処方してもらうことが、現在の所一番の対処法です。
誤ってハゼノキに触れてしまった場合には、かぶれを出来るだけ抑える工夫をすると役立つことがあります。
速やかに患部を洗い流して、成分を取り除くのがコツです。
こういった時に油などを利用すると、成分の落ちがさらに良くなります。
このような対処は、時に症状を軽減するために有効です。
スポンサーリンク

ハゼノキによるかぶれは、数日経過した後に出てくることがあるのが厄介な点です。
ですので接触する機会があった場合には、しばらくの間皮膚症状に気を付けることが大切となります。
このような場合には、原因が掴みにくくなることがあるため要注意です。
皮膚科では主に塗り薬などが処方されます。
こういった薬を使用することで、痒みはおさまることが多く、発疹や炎症も落ち着くことがほとんどです。
状態が改善しない場合には、今一度医師の診察を受けることが必要になります。
かぶれの程度は個人によって異なるため、治癒までの期間も若干変わるのが一般的です。
市販のかゆみどめではハゼノキのかぶれは中々改善しないと考えられますので、専門医に相談するのがベストとなります。
スポンサーリンク