まぶたがかぶれてしまう主な原因はアイシャドウなどの化粧品です

スポンサーリンク

朝起きてみたらまぶたが腫れていたり、かぶれていて痒いといった経験を持つ女性が多いです。
その原因のほとんどは毎日使用している化粧品といわれていて、アイシャドウやマスカラなどがダメージを与えてしまっている可能性が高いです。
まぶたの皮膚は薄いため、化学成分が含まれた化粧品を長時間つけていることで腫れたりかぶれたりといった症状が現れると考えられています。
また、クレンジングをしっかり行っていないこともまぶたが腫れたりかぶれてしまう原因といわれています。
化粧品を落としきれていないと、肌に大きなダメージを与えてしまっていることが考えられます。
そのため就寝前にはしっかりクレンジングを行って、肌を休ませることが必要です。
スポンサーリンク

まぶたが腫れたりかぶれたという症状が出たら、眼科や皮膚科を受診することが大切です。
まぶたは目に近い皮膚なので、目にも被害が及ぶことが考えられます。
目に被害が及んでしまうと目が見えにくくなるなどの症状が現れる可能性もあるので、医師にきちんと検査をしてもらうことが大事です。
皮膚科ではかぶれた部分を診てもらい、医師から適切な治療を受けることで早く元の状態に戻すことができます。
症状を早く改善させるためにも、元の状態に戻るまでは化粧は控えることが大事です。
化粧をしないと気になるという人は、眼鏡をかけたり帽子を被るなど工夫をすると人目を避けることができます。
スキンケアも無添加の化粧品や皮膚科医からすすめられた化粧品を使用するなどして、肌をいたわることが大切です。
スポンサーリンク