絆創膏でかぶれた場合の治し方について

スポンサーリンク

絆創膏を長期間貼っていると、時にかぶれを起こすことがあります。
このような場合の治し方は意外に簡単です。
まずは、必要が無くなり次第使用を中止します。
患部を空気にふれさせて乾燥させることで、湿り気を帯びたかぶれは軽減するのが一般的です。
絆創膏を貼っていると皮膚が少なからずふやけます。
このような蒸れた状態が続くと、時にかゆみやただれなどが生じることがあるのが厄介な点です。
症状の程度によっては、皮膚科などで治療薬を処方してもらいます。
重症の時には皮膚科専門医に治し方を尋ねることも一つの方法です。
こういった場合、ステロイド剤などが処方されるのが一般的と言えます。
絆創膏によるかぶれの場合には、張り替えの際に気付くことが多く早目に対処が出来るのが常です。
スポンサーリンク

このような医療器具によるかぶれの原因は、様々です。
特定の物質に接触したことで生じる、皮膚炎やアレルギー反応がまずは考えられます。
この手の症状は、通常原因が無くなれば自然に回復していくことが多いです。
同じ絆創膏という要因でも、体調によって症状の生じ方には違いがあります。
絆創膏は、商品によって微妙に仕様が異なります。
ガ-ゼ部分に含まれている薬剤や粘着部分の素材などが違ってくることから、肌の反応が変わってくることは極自然です。
ですので、毎回同じような反応が起こる場合は商品を変えるのがベストな対処法となります。
複数の商品を試しても症状が出てしまう時は、皮膚科で相談するのが良い方法です。
低刺激の医療用カットバンなどが入手出来ることもあります。
スポンサーリンク