オムツかぶれの治し方

スポンサーリンク

赤ちゃんと暮らしていると避けて通れないのがオムツかぶれです。
お尻全体が赤くなったり湿疹ができることもあり、ひどくなると痛みやかゆみを伴います。
ただれたお尻は見ているだけで辛いもの。
自宅でできる治し方があります。
赤ちゃんのお尻はまだバリア機能が発達しておらず、刺激にとても敏感です。
オムツかぶれの一番の原因はおしっこやうんちによる刺激です。
まずこまめにオムツを交換し清潔に保つことが改善だけでなく予防にも繋がります。
また汗で蒸れると余計に刺激を受けやすくなりますので、オムツは通気性に優れた肌に優しいものを選びましょう。
もうひとつの治し方はオムツ交換のときにお尻を洗ってあげることです。
お尻拭きの刺激が症状を助長している可能性もあります。
スポンサーリンク

かぶれを起こしたら、一旦お尻拭きの使用を中止してみましょう。
おしっこやうんちをしたら、その度にお尻を洗ってあげるか座浴を行います。
その都度洗うのが大変な場合は少量の水やお湯を容器に入れておき、お尻を流してあげるだけでも効果があります。
流したあとはティッシュやタオルなどでそっと押さえて完全に水気を乾かします。
このようにおしっこやうんちの後、いつも清潔にし乾燥させることを心がけていると殆どの場合、症状は改善していきます。
これらの方法を続けていても改善しない場合は、よく似た症状の「あせも」や「アトピー性皮膚炎」「カンジダ性皮膚炎」などの可能性もあります。
あまりに長引く時はかかりつけのお医者さんを受診し相談してみましょう。ぜひ早急に対処してください。
スポンサーリンク