プールので塩素かぶれる場合があります

スポンサーリンク

プールには張っている水に細菌が繁殖しないように塩素によって消毒しています。
消毒に塩素が用いられているため、肌が弱い方が長時間浸かっているとかぶれれる場合があります。
このため、プールから出る場合には、シャワーなどの真水を浴びて身体に付着した塩素を落とすことでかぶれを防ぐことができます。
通常は、真水で洗い流すことで抑えることができますが、プールを運営する事業者によって塩素の濃度が異なります。
濃度や水の運営方法などが気になる場合には、施設内に表示されていたり、ホームページなどでも公開されているので、活用すると参考にすることができます。
さらに事業者によっては肌が弱い方向けのプールも用意されてることが多くなっているので、気軽に利用できます。
スポンサーリンク

敏感肌などの肌が弱い方がプールに入ると塩素によって肌に炎症が起こり、かぶれる場合があります。
かぶれた時には、すぐに肌に付着した塩素を落とし、症状が重い場合には医療機関を受診することがです。
かぶれは早急に治療を受けることで治りも早く、場合によっては肌に傷を残さずに済みます。
さらに医療機関では皮膚科を受診することで、適切な治療が受けられます。
皮膚科の診療科を持つ医療機関は多いので探しやすく、参考にできる地域の情報誌や医療情報サイトなどの媒体もたくさんあるから活用すると役に立ちます。
そして、近年ではアフターケア商品も登場しています。
利用することで事前に予防することも可能になるので、活用すると良いです。
スポンサーリンク