うるしかぶれの治療法について

スポンサーリンク

かぶれを引き起こす植物の一つとして挙げられるのが、うるしです。
うるしにかぶれた場合には、部分的に発疹や水泡、赤みなどが現れます。
激しい痒みも典型的な症状と言えます。
このような症状が見られたら、早目に病院を受診することが大切です。
この手のかぶれは通常2週間程度続くことが多く、次第に症状が悪化することもあります。
うるしかぶれの治療では、主にステロイド剤が使用されます。
ステロイド剤は、痒みや炎症を速やかに抑えるために有効です。
この薬は集中して使うことがポイントで、治療を開始したら症状がおさまるまで継続して使用します。
このような治療を受けることで、状態は徐々に改善されるのが一般的です。
炎症が重症化しないうちに手を打つのがコツと言えます。
スポンサーリンク

うるしには、ウルシオールと呼ばれる物質が含まれています。
かぶれの原因となっているのがこの成分です。
一般的にはうるしの樹液や葉に触れることで症状が現れます。
過敏な方の場合には、葉から落ちたしずくや空気中に飛散した成分にも注意をすることが必要です。
どのような影響が出るかは、実際個人差があります。
こういった皮膚症状は、概して掻くことによって悪化する傾向が見られます。
出来ている水泡を潰したり皮膚に傷を加えたりすると、治りが遅くなるだけでなく感染症などを引き起こすことがあるのが厄介な点です。
病院によってはステロイド剤と合わせて内服薬が処方されることもあります。
患部が完全に治るまでの間は、日頃のケアにも気を配ることが大切です。
スポンサーリンク