銀杏によるかぶれの治療方法等について

スポンサーリンク

銀杏とは樹木の一種で秋になると実を付けるのですが、この実が独特の匂いを放つ事でもよく知られています。
この実の中心部分は食べる事が出来て、茶わん蒸しの具材の一つとなったりします。
好物だという人も少なくないため、秋になると収穫するのを楽しみにしている人もいます。
 ただ銀杏には一つだけ注意点があるのですが、それは人によっては触れる事でかぶれが発生してしまうというものです。
この実の中にはギンゴール酸という成分が含まれていて、この成分に対してアレルギー反応を示してしまう人がいます。
このアレルギー反応によって、皮膚のあらゆる部分に発疹や腫れ等といったかぶれ症状が発生します。
この樹木によるかぶれは症状が強く現われるのが特徴で、ひどくなると発疹等が水ぶくれにまで進行する事があります。
ちなみに銀杏に触れてからすぐに症状が出ずに、数日経過してから症状が出る事もあるので注意が必要です。
スポンサーリンク

 実際にかぶれてしまった場合の治療方法としては、まず最初に樹木に触れてしまった部分を洗い流す事が大切です。
この時に使う水は洗面器等に溜めたものではなく、流水を使って洗うのがポイントになります。
溜めた水で洗った場合、使い終わった水に不意に触れてしまう事で他の部分にも症状が出る可能性があるからです。
 流水で丁寧に洗い終わったら、出来るだけ早く皮膚科を受診して適切な治療を受けるのが望ましいです。
皮膚科で行なわれる治療方法としては、飲み薬や塗り薬を処方されるのが一般的となっています。
ただ症状があまりにもひどい場合には、入院をして点滴による治療を行う事もあります。
 銀杏によるアレルギー反応は、1度目よりも2度目のほうが強い症状が出ると言われているので注意する事が大切です。
出来るだけ銀杏には近付かない、近付く場合は皮膚の露出をなるべく避ける等の対策を講じる事が重要だと言えます。
スポンサーリンク