アイプチによるかぶれの治し方

スポンサーリンク

アイプチは手軽に二重まぶたを作れることで根強い人気のある商品です。やはり一重よりも二重の方が目がぱっちりとして可愛らしいですよね。
慣れると短時間で希望のラインが作れることもあり、毎日のようにメイクに利用している人も多いですが、まぶたの皮膚は薄くデリケートということもあり、時にはかぶれが起きてしまうこともあります。
治し方についても知っておきたいですが、まずは今使用しているアイプチの利用をやめることです。
合わない化粧品を使い続けることはさらに症状を悪化させてしまうことにつながりますので、まずは使用を中止しましょう。
そしてかぶれの症状が強く出ているときはアイシャドーやマスカラなどのアイメイクの利用も控えたほうが治りが早くなります。
洗顔やメイク落しのときも目元をゴシゴシこすったりせず優しく汚れを落としていきましょう。
スポンサーリンク

肌のかぶれの治し方としては市販の薬で対応するという方法もありますが、デリケートな目元は勝手な判断で薬をつけてしまうとさらに悪化してしまうこともありますので、薬を使いたい場合は皮膚科に相談することがおすすめです。
薬を使う場合も目に入らないよう、慎重に手当てを行いましょう。
症状が治まったら薬の使用は止めることができますが、乾燥などを防ぐために保湿ケアはしっかり行っておきましょう。
アイプチを再開する場合も、同じ商品を使うのではなく、成分もよく確認し、できるだけ肌に優しいもの、刺激となる成分が入っていないものを選ぶことが大切です。
そしてあまりに長時間つけていたり、毎日アイプチを使うことはまぶたには負担となりますので、使い過ぎには注意しましょう。
スポンサーリンク