湿布 かぶれ 治し方

かぶれの原因と治し方

スポンサーリンク

捻挫や打ち身、肩こりや筋肉痛など湿布を利用する機会は様々な場面があります。そういった場合の時は湿布はとても重宝しますよね。
腫れを抑えたり痛みを緩和したりなど非常に便利なものですが、注意しなくてはいけない事もあります。
最も注意しなくてはならないのが、かぶれになります。
このかぶれの原因としては、湿布薬の成分や粘着による刺激、敏感肌などが挙げられます。
湿布薬の成分の中には紫外線の影響でかぶれを起こすものがありますし、それは湿布を剥がした後も2週間程度は皮膚に残留します。
また基本的に通気性などは考慮されていませんので、熱がこもりやすいですし汗も溜まりやすい環境と言えます。
なので長時間貼ったままにしておくと、かゆみなどを感じる場合が非常に多くなります。
スポンサーリンク

かぶれてしまった場合には、適切な治し方をする必要があります。
その場合には、皮膚の炎症を抑える塗り薬などが効果的とされています。
かぶれは皮膚の炎症が原因になっているので、その炎症を抑える事で治りを早くします。
なお、炎症を抑える薬としてはステロイド薬が挙げられます。
ステロイドは炎症に直接作用しますので、炎症の他に赤みやかゆみなどにも適しているとされています。
ただし自己判断は危険なので、医師の診察を受けてから使用する事が適切な治し方とも言えます。
最も重要なのは、治す事よりもならない事になります。
そのためにも患部を清潔にしたり、皮膚に合った湿布を使用するなどの対策をしておくことが重要なポイントになります。
スポンサーリンク